アーティスト

  

Otis Redding
オーティス・レディング


主なアルバム
オーティス・ブルー(1965) / ラヴ・マン(1969)

1941年、ジョージア州、ドーソン生まれ
貧しい説教師の子として生まれたオーティスはリトル・リチャーズやサム・クックに憧れ教会などで歌うようになった。62年、メンフィスでジョニー・ジェンキンズ
の運転手として同行したスタックス・レコードにてレコーディングのチャンスを得て大スターへの一歩を踏み出す。オーティス独特のリズム感とシャウト、バックメンバーのブッカーT&MG?'sとともにスタックスをサザンソウルの象徴とも言うべきレーベルまでのし上げ、「The Dog Of The Bay」などを大ヒットさせソウルの帝王とまで呼ばれるようになる。また67年に行われたロックの祭典モントレーフェスでは新星ジミ・ヘンドリックスらとともに凄まじいパフォーマンスを見せる。67年、飛行機事故により他界。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング