アーティスト

 

Roberta Flack
ロバータ・フラック


主なアルバム
キリング・ミー・ソフトリー(2005)

1939年、ノース・カロライナ生まれ
故郷で音楽の教師をしている時にスカウトされ、69年にアトランティックと契約。70年に発表した『First Take』が大ヒット。彼女の豊かな歌唱力と表現力あるピアノで黒人のみならず白人さえも魅了し、いきなり華やかなスタートをきった。その後もダニー・ハサウェイとの共作、『Donny Hathaway & Roberta Flack』や彼女の代表作の1つである『Killing Me Softly』など次々とヒットをとばす。ダニー・ハサウェイの死後もピーボ・ブライソンとパートナーを組んだり、88年にはシングル「Oasis」をヒットさせたりと勢力的に活動を続けている。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング