アーティスト

The Rolling Stones
ザ・ローリング・ストーンズ


63年にロンドンにて結成。64年『The Rolling Stones』でデビュー。64年にはシングル「It's All Over Now」が全英1位に。当初はギターのブライアン・ジョーンズがリーダー的存在であった。しかし64年、ミック・ジャガーとキース・リチャーズとの共作「Satisfaction」が1位を獲得し『Aftermath』(66')や『Between The Buttons』(67')とオリジナル志向を強めていったバンドの中でブルーズなどのカヴァーを重視していたブライアンは次第に孤立し69年にドラッグによるトラブルにより脱退。(その約1ヶ月後に変死)その後70年に入るとキースのギターを中心としたストーンズ・サウンドを確立していく。メンバーの入脱退や影のメンバーであったイアン・スチャーアートの死などを乗り越えながら80年代のソロ活動を経て、現在もキング・オブ・ロックンロールバンドとして活躍中。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング