アーティスト

The Doors
ザ・ドアーズ


UCLAの卒業生であったジム・モリソンとレイ・マンザレク、その兄弟であるリックとジム、そしてジョン・デズモアにり65年に結成。リックとジムは脱退してしまうがロビー・クリーガーが加入し67年にシングル「Break On Through」とアルバム『The Doors』でデビュー。次のシングル「Light My Fire」が全米1位を獲得。モリソンのヴォーカルとレイのキーボード・ベースという新しいロック・スタイルですぐに脚光を浴びるようになるが同年のセカンド・アルバム『Strange Days』を発表した後のコネティカット州でのライブにおいてモリスンが警官ともめてステージ上で逮捕。69年のマイアミでのライブ中にもFBIに逮捕されるなど問題を連発。次第にマスコミからのバッシングがひどくなり、メンバーとの関係にも溝が深まるなどしモリスンは酒やドラッグに溺れていく。71年4月には『L.A. Woman』を発表するが同年7月3日、パリにある自宅のバスタブでアルコールとドラッグの過剰摂取により死亡。残されたメンバーはその後2枚のアルバムをリリースするが73年に正式に解散。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング