アーティスト

Al Green
アル・グリーン


1946年、アーカンソー州、フォレスト・シティ生まれ
Green Brothersという4兄弟によるゴスペル・グループで活動した後ポップスへ目覚め、Al Green & The Soul Matesを結成し68年には「Back Up Train」がヒット。しばらく低迷したが69年にソロとしてハイ・レコードと契約。71年に『Let's Stay Together』を発表。タイトル曲が全米1位に。72年『I'm Still In Love』、73年『Call Me』と立て続けにヒットを出して黄金時代を築く。しかし、次第に宗教心に目覚め始め76年頃から教会設立などに没頭していく。ほとんどポップ・シーンに現れなくなっていったが、80年頃からはゴスペルに専念。88年に彼への再評価が高まる中、アニー・レノックスとのデュエット曲が大ヒット。翌年には久々にソロとして「As Long As We're Together」をヒットさせている。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング