アーティスト

  

Boz Scaggs
ボズ・スキャッグス


主なアルバム
シルク・ディグリーズ(1976) / ミドル・マン(1980)

1944年、オハイオ生まれ
R&Bバンドや欧州でのストリート・シンガーなどの活動を経て67年に帰国した際にサンフランシスコでスティーブ・ミラーバンドに加入。68年に脱退後、翌年にアトランティックより『Boz Scaggs』でソロデビュー。ブルース色が強かったが72年の『My Time』ではソウルの影響が色濃く出始めて、74年のTOTOがバックバンドをつとめた『Silk Degrees』ではさらにニュー・ソウルを取り入れた洗練されたものに変化。AORのブームの火付けやくに。77年『Down Two Then Left』、80年『Middle Man』とロングセラーアルバムを発表後ナイトクラブ経営に専念し活動を休止。90年に入って復帰した後はブルース路線の回帰など円熟した活動を見せている。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング