アーティスト

 

Carole King
キャロル・キング


主なアルバム
タペストリー(2005)

1940年、ブルックリン生まれ
50年後半からソングライターとして活動を始め、夫のゲリー・ゴフィンとコンビで60年、シレルズの「Will You Love Me Tomorrow」 や62年、リトル・エヴァの「Loco-Motion」などのヒットをはじめ100以上の曲を量産。60年代後半、ビートルズの影響もあり自作自演の時代に入ると自らもパフォーマーとして活動を始める。68年に次の夫チャールズ・ラーキーらとザ・シティを短期間結成した後ソロへ。71年の2作目のアルバム『Tapestry』は15週全米1位を獲得。その中からのシングル「It's Too Late」、「You've Got A Friend」も1位を。後者はジェイムス・テイラーやロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイなどのカヴァーも有名。70年代は様々な音楽を積極的に取り入れシンガー・ソングライター・ブームの火付け役としても活躍。80年代アトランティック移籍後は商業的にはあまり振るわず。96年、71年のライブ音源『The Carnegie Hall Concert』を発表し話題を呼んだ。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング