アーティスト

Queen
クイーン


71年、フレディー・マキュリーを中心にギターのブライアン・メイら4人で結成。73年『Queen』でデビュー。3作目の『Sheer Heart Attack』から「Killer Queen」がヒット。それ以降コーラスを全面に押し出したドラマティックなサウンドに。フレディーの中性的なライブパフォーマンスと共に、75年『A Night At The Opera』からの彼らの代表曲「Bohemian Rhapsody」で独特のスタイルを確立。人気は爆発的なものに。80年代に入っても『The Game』でみせた新たなサウンドや方向性を見せる。休止期間などもはさみメンバーのソロ活動を経て89年『The Miracles』で全英1位に輝き復活。しかし、91年にフレディがHIV感染者であることを自ら告白。同年11月24日、ロンドンにある自宅で死去。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング