アーティスト

Steely Dan
スティーリー・ダン


70年代初め、ニューヨークのソングラーターチームで活躍していたベース、ヴォーカルのウォルター・ベッカーとキーボード、ヴォーカルのドナルド・フェイゲンが中心となり72年ロサンゼルスで結成。ジャズ色の強い濃厚で洗練されたサウンドにより73年『Can't Buy A Thrill』でデビュー。そこからのシングル「Do It Again」がヒット。74年のサード『Pretzel Logic』までは6人編成のグループであったが自作『Katy Lied』からはベッカーとフェイゲンのユニットとなりハイ・レベルなセッションマンを集め高度な演奏、緻密なミキシングで音を作り上げていくスタイルに。77年の6作目『Aja』ではその音作りの頂点を極めた名盤となる。80年にはいってから活動を停止。それぞれのソロ活動へ専念する。95年に復活してからも濃密な音作りと共にアルバムを発表している。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング