アーティスト

   

Marvin Gaye
マーヴィン・ゲイ


主なアルバム
ファッツ・ゴーイン・オン(1971) / レッツ・ゲット・イット・オン(1973) / アイ・ウォント・ユー(1976)

1939年、ワシントンD.C生まれ
牧師であった父親の教会で3歳の頃から歌いはじめ、ハイスクールを卒業してからは数々のヴォーカルグループで活動をする。その後、60年にはデトロイトに移動しモータウンのボス、ベリー・ゴーディJrの姉であるアンナと結婚。デビューをはたす。しばらくヒットに恵まれなかったが68年「悲しい噂」で全米ナンバーワンを獲得。タミー・テレルとのデュエットでも大ヒットを収めるが、70年にタミーが突然亡くなってから1年間そのショックにより音楽活動を休止。(彼女はなんとライブの最中に突如倒れ、マーヴィンの腕の中で帰らぬ人となったのである)
翌年、71年にはニュー・ソウルの風にのり名盤『What's Going On』で全米2位となり、見事にカムバック。その後『Let's Get It On』、『I Want You』などヒットを連発。アメリカのセックス・シンボルまでのし上がった。82年にアンナとの離婚などもあり、CBSに移籍。移籍第1弾アルバム『Midnight Love』から「Sexual Healing」がヒットし名実共に絶頂期の中、84年4月1日、父親と喧嘩の最中にピストルにより射殺されるという悲しい最後を遂げてしまう。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング