アーティスト

    

Jamiroquai
ジャミロクワイ


主なアルバム
エマージェンシー・オン・プラネット・アース(1993) / ザ・リターン・オブ・ザ・スペース・カウボーイ(1994) / トラヴェリング・ウィズアウト・ムーヴィング(1997) / シンクロナイズド(1999) / ア・ファンク・オデッセイ(2001) / ダイナマイト(2005)

92年、ヴォーカルのジェイ・ケイを中心に結成。スティーヴィー・ワンダーやギル・スコット・ヘロンなどの70年代ソウルにファンクやジャズの影響を受け、当時アシッド・ジャズが中心だったロンドンのクラブ・シーンの中でもきわめた才能を発揮。当初アシッド・ジャズ系のレーベルからデビューしたがすぐにソニーと8枚分の契約を交わす。ジェイ・ケイの音楽に対するスケールのでかさ、ファッション、そしてお馴染みのロゴ「メディシン・マン」と共に人気を集め、96年の3作目『Travelling Without Moving』から「Virtual Insanity」が大ヒット。そのPVはMTVアワードでベスト・ビデオを受賞。99年発表の『Synkronaized』では70年代ディスコ・サウンドにチャレンジ。01年の『A Funk Odysssey』ではボサノヴァ、ドラムン・ベース、テクノなどを導入するなど現在でもポップ、クラブシーンを引っ張っている。最新作は大きくメンバーも代わり、ジェイ・ケイのルーツであるブラック・ミュージックに対する回答、とも言うべきアルバム『Dynamite』(05')


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング