アーティスト

   

Eric Benet
エリック・ベネイ


主なアルバム
トゥルー・トゥ・マイセルフ(1996) / ア・デイ・イン・ザ・ライフ(1999) / ハリケーン(2005)

1969年、ウェスコンシン州、ミルウォーキー生まれ。
音楽一家の5人兄弟の末っ子。3歳ですでにスティーヴィー・ワンダーに感銘を受けスライ、マーヴィン・ゲイ、アイズレー・ブラザーズやダニー・ハサウェイとニュー・ソウル系のアーティストだけでなくビートルズやプリンスなど幅広い音楽を聴いて育つ。ハイ・スクール卒業後、本格的に音楽活動をはじめ姉のリサ、従兄弟のジョージ・ナッシュ・Jrと『Benet』という名のグループを結成。92年、EMIからアルバムをリリースするが商業的にまったくふるわず。自信喪失した彼はしばらく活動を控えたが友人の励ましもありワーナーに移りソロ作を製作する。96年、デビュー・アルバム『True To Myself』を発表。生音を重視したサウンドやアル・グリーン、スティービー・ワンダーを彷彿させる暖かいヴォーカルが評価を集めディアンジェロやマックスウェルらと共にニュー・クラシック・ソウル・ムーブメントの波に乗り大ヒット。ワイクリフやミシェル・ンデゲオチェロなど多彩で豪華なゲストを迎えて99年に発表したセカンド・アルバム『A Day In The Life』も大ヒット。Totoのカヴァーであるファースト・シングル「Georgy Porgy」もチャートの上位にランクイン。そして2001年には女優のハル・ベリーと結婚と人気もプライベートも充実。しかし04年に自身の淫らな生活が原因で離婚。最新作『Hurricane』では成功から離婚に至までの様々な思いを込め今までにないベネイを聴くことが出来る。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング