アーティスト

    

Nirvana
ニルヴァーナ


主なアルバム
ブリーチ(1989) / ネヴァーマインド(1991) / イン・ユーテロ(1993) / アンプラグド(1994)

カート・コバーン(vo)、1967年ワシントン州の片田舎にある貧しい町アバディーンに生まれる。8歳の時両親が離婚。離婚の原因は自分にあるのでは、と思いこみこの頃から荒れた性格に陥り近所でも少し有名な存在であった。親戚の家をたらい回しにされ、二度と結婚はしないと約束をしていた父親まで再婚し次第に大人への不信感をつのらせ煙草やドラッグに手を出し始めた彼は85年に高校を中退。87年にクリス・ノボゼリック(b)と出会いバンド『Nirvana』を結成。ドラマーにチャド・チャニングが加わり88年にインディーレーベルからデビューシングル「Love Buzz」を発表。翌年にはアルバム『Bleach』をリリース。イギリスを中心とする各メディアから高い評価を得てインディーチャートの上位に食い込む。ヨーロッパ・ツアーも好評を得て90年にドラマーがデイブ・グローブに代わった後、91年にメジャー・レーベルのゲフィンと契約。9月にセカンド・アルバム『Nevermind』を発表。初登場は144位ながら翌年の1月には1位を獲得。あっと言う間に全世界で1000万枚を越える大ヒットとなり、世界中をグランジ・ロックの渦の中に巻き込んでいった。そんな中、コバーンは以前出会ったことのあるコートニー・ラヴとL.A.のナイトクラブで再会し、意気投合した2人は92年に結婚。8月には娘フランシスが誕生と幸せ絶頂のように思われた。しかし、この驚異的な成功は彼が批判し続けたショービジネスの世界に組み込まれ娘の批判など常にマスメディアの目にさらされる結果となり、戸惑い苦悩し精神的に正常を保とうと更にドラッグにハマっていくようになってしまった。家庭内暴力など数回の警察沙汰を起こしながらも93年にはサード・アルバム『In Utero』を発表。ヨーロッパ・ツアーなどもなんとかこなしていったが喉の不調を訴えたドイツ公演終了からしばらくバンドはオフに。精神的にも肉体的にも限界に達していたこの頃からは異常なヘロインの摂取により入退院を繰り返し、コートニーやメンバーなどの説得によりL.A.のリハビリセンターに入る。しかし、2日でそのセンターを抜け出した彼は行方を眩まし94年4月5日、シアトルにある自宅で銃身を頭に押し当て引き金を引いてしまう。享年27歳、遺書に残された最後のメッセージ「僕だって君たちに嘘をつくのは嫌だ。ただの一人もだましたくない・・・・・だから覚えておいてくれ、だんだん消えていくよりは激しく燃え尽きる方がいい」


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング