アーティスト

   

Craig David
クレイグ・デイヴィット


主なアルバム
ボーン・トゥ・ドゥ・イット(2000) / スリッカー・ザン・ユア・アヴェレイジ(2002) / ザ・ストーリー・ゴーズ・・・(2005)

1981年、イギリス、サンプトン生まれ
14歳の頃より地元のクラブや海賊ラジオ局などでMCをつとめキャリアを積む。DJとしても活動を行いヒップホップやR&B、ラガ等をプレイ。ある日、同じクラブでプレイしていたマーク・ヒルと運命的な出会いをする。二人はすっかり意気投合しマーク・ヒルが手がけていた曲のボーカルをデイヴィットが担当することになり、すぐに近くのスタジオでレコーディングを開始。「Re-Rewing」というこの曲はインディースよりリリースされクラブを中心にあっという間に話題となり、すぐにメジャー契約をとる。99年12月に全英シングル・チャートにおいて初登場2位を獲得。2000年4月にリリースされた「Fill Me In」はラジオ、クラブで一気に火がつき全英1位を記録。その後期待の高まる中、デビュー・アルバム『Born To Do It』を発表。デイヴィットの音楽のベースである2ステップという当時最先端のダンスビートに彼の滑らかなヴォーカルがマッチングし、絶妙なサウンドを作り出したこのアルバムは全世界で800万枚の売上を記録。2002年には本格的にUSに迫ったセカンド『Slicker Than Your Average』をリリース。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング