アーティスト

 

The Style Council
ザ・スタイル・カウンシル


主なアルバム
カフェ・ブリュ(1984)

82年に人気絶頂にあったイギリスの国民的バンドThe Jamを解散させたポール・ウェラーが、83年に元マートン・パーカスのミック・タルボットに「今まともにキーボードが弾けるヤツは君しかいない!」とパートナーに誘い結成したユニット。元々ブラック・ミュージックに対して強くリスペクトしていたポール・ウェラーがジャム時代後半で見せたソウル色に加えジャズやファンク、フレンチやボッサといった多彩な音楽性を存分に発揮。83年にシングルを寄せ集めたイギリス以外で発表になったミニ・アルバム『Introducing The Style Council』を経て、84年に初期を代表するアルバム『Cafe Bleu』を発表。洗練されたサウンド、モードを意識するファッショナブルなヴィジュアルと共にここ日本でも人気を集める。85年、よりソウル色を強めたセカンド『Our Favorite Shop』をリリース。アルバム発表ごとに音楽性の幅を広げて行くが雑食性の強いコンセプトであったがためにファンは戸惑い次第に人気は低迷。88年、『Confession Of A Pop Group 』を発表後活動を停止。ウェラーは更なる音楽を求めソロ活動に入る。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング