アーティスト

 

John Coltrane
ジョン・コルトレーン


主なアルバム
ア・ラヴ・シュープリーム(1965)

1926年9月23日、ノースカロライナ州ハムレット生まれ。ジャズ・テナー・サックス奏者。
40年頃にフィラデルフィアに移り住み地元のミュージシャンと親好を深めた後ディジー・ガレスビー楽団で自身初レコーディングに参加。55年、マイルス・デイヴィス・クインテットに抜擢されたことにより実力をつけ、57年からはセロニアス・モンクの下で数多くのものを習う。モンクはコルトレーンに自由を与えることにより様々な試みをさせ自信を持たせることに成功。57年、フィラデルフィアの仲間たちと共にブルーノートから『Blue Train』を発表。ジャズ・サックスの新次元を開拓。再びマイルス・デイヴィスはグループを再結成しコルトレーンを呼び戻しピアニストのビル・エヴァンスらと共に59年、音楽界に大きな衝撃を与えた名盤『Kind Of Blue』を発表。ハード・バップが主体だったジャズ界の中でこのアルバムは既成のコード進行にとらわれない新しいスタイル「モード奏法」をとり、中でもコルトレーンの演奏はのびのびとし更なる自身のスタイルを確率。後のアルバムにたくさんの影響を残すことになる。61年にインパルス・レコードの契約第一号となってからは次々と話題作を発表し64年、ジャズ界の金字塔『A Love Supreme』を放ったことによりファンのみならず評論家からもあつい支持と人気を獲得。また若手の発掘にも力をいれたくさんの有能なジャズ・マンを世に送り出している。67年7月17日、肝臓癌のため40歳の若さで他界。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング