アーティスト

 

John Legend
ジョン・レジェンド


主なアルバム
ゲット・リフテッド(2004)

オハイオ州スプリングフィールド生まれ。
祖父と父は牧師、母は聖歌隊のディレクター、祖父は教会でオルガンを弾いていたなどゴスペルを背景に音楽一家に囲まれ育ち、自身も祖母からゴスペルとピアノを習い8歳頃には聖歌隊にて演奏をしていた。16歳でフィラデルフィアの学校に進学してからも音楽活動を続けていたかれはJill ScottやMusiq、Glen Lewis、Amel Larrieuxなど交友関係を拡げていった。そんな中、彼が手伝っていた教会で知り合ったタラという女性からローリン・ヒルを紹介されスタジオで弾き語りを演奏したところ意気投合。ローリンの名作ソロ・アルバム『The Miseducation Of Lauryn Hill』に参加することに。これを経て彼はジョン・スティーブンスの名義で地元やN.Y.を中心にライヴ活動を続け数枚の自主アルバムを制作。そしてジョンの親友であり曲を共に制作していたディーヴォから彼の従兄弟カニエ・ウェストを紹介されカニエのソロ・アルバム『The College Dropout』に参加する。ここでのジョンの仕事は更なる話題を呼びその後Alicia Keysの「You Don't Know My Name」やJay-Zの「Lucifer」、その他様々なアーティストの楽曲に参加。そして2004年12月、待望のソロ・メジャー・デビュー・アルバム『Get Lifted』を発表。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング