アーティスト

   

Lynden David Hall
リンデン・デヴィット・ホール


主なアルバム
メディシン・フォー・マイ・ペイン(1997) / ジ・アザー・サイド(2000) / イン・ビトウィーン・ジョブズ(2005)

ニュー・クラシック・ソウル・ムーブメントの中、U.K.より97年『Medicine 4 My Pain』でデビュー。イギリスで数々の賞を受賞した後、2000年にはセカンド『The Other Side』をリリース。しばらく沈黙を続け2004年には映画『ラヴ・アクチュアリー』の主題歌でありビートルズのカヴァー「All Need Is Love」をリリース。即新作の発表かと思われたがリンパ腺の手術を受け再び沈黙。しかし、不屈の精神で復活した彼は05年待望のサード・アルバム『In Between Jobs』を発表。ファンを喜ばせた。
(更なる詳細は後日発表)


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング