アーティスト

James Brown
ジェイムス・ブラウン


1933年、サウス・カロライナ州、バーンウェル生まれ
56年、「Please Please Please」でフェラデルよりデビュー。キングからもR&Bシングルを数多く製作する。しかし、本人はダンス音楽を追求するようになり、スマッシュより「Sings Out Of Sight」を発表。いわゆる”ファンク”の出発点である。その後『Papa?'s Got A Brand New Bag』や『Sex Machine』など60年代に37枚ものアルバムを製作。70年代に入りポリドールに移ってからも『Hot Pants』、サウンドトラック『Black Caesar』など23枚のアルバムを発表。バックのJB?'sとともにファンクスタイルを確立。70年代後半のディスコブームに苦戦を強いられたが、85年の映画『ロッキー4』のサウンドトラックより「Living in America」がヒット。現在も活躍中。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング