アーティスト

   

Donald Fagen
ドナルド・フェイゲン


主なアルバム
ナイトフライ(1982) / カマキリャド(1993) / モーフ・ザ・キャット(2006)

1948年、ニュージャージー州生まれ。
70年代初頭よりニューヨークで音楽活動をしていたフェイゲンはウォルター・ベッカーと共にスティーリー・ダンを結成。トップ・クラスのセッションマンの高度な演奏と共に精密なミキシングによる音楽スタイルで数々の名作を残す。80年にスティーリー・ダンの活動を休止し、82年初のソロ作品『The Nightfly』を発表。このアルバムは曲により複数のプレイヤーを使いパートごとに録音、それを後から編集するというスティーリー・ダンのアルバム製法と同じ手段を使用。参加ミュージシャンにはラリー・カールトン、マーカス・ミラーなどそうそうたるメンバー。まるでグループのようなまとまりのあるサウンド、完璧主義者とまで言われるフェイゲンとゲーリー・カッツによるプロデュース・マジックによりジャンルを超越し名盤と評される。その後は目立った動きはなかったが11年後の93年にセカンド・ソロアルバム『Kamakiriad』を発表。時が経っても色あせない完璧主義者のサウンド・センスを披露。現在はスティーリー・ダンの活動を再会し03年にアルバム『Everything Must Go』をリリースしている。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング