アーティスト

  

Till Brönner
ティル・ブレナー


主なアルバム
ブルー・アイド・ソウル(2002) / ザット・サマー(2004)

1971年5月6日、ドイツ、ノルトライン・ヴェストファーレン州フィーゼル生まれ。
たびたびチェット・ベイカーと比較されるほどの容姿&スイート・ヴォイスの持ち主であり、抜群の感性をもったトランぺッター。先祖にはワーグナー時代に宮廷オルガニストがいる由緒正しき音楽一家育ち。9歳にトランペットを始めクラシックの訓練を積み、13歳からコンテストでの優勝歴を持つ。15歳になるとジャズに魅せられコンテストで優勝するだけでなく、連邦ジャズ・オーケストラに最年少メンバーとして迎えられる。ケルン音楽大学ではトランペットを専攻。弱冠20歳でベルリンを拠点に活動するホルスト・ヤンコフスキー・オーケストラと言う名のビックバンドのメンバーに。93年、初リーダー作『ジェネレーション・オブ・ジャズ』を発表。数々の実力派を迎えその後も斬新な作品を生み出し、ドイツ国内ではどれも絶賛を浴びた。98年に移籍第一弾としてマイルス・デイヴィスもこよなく愛したミュート・トランペットと甘いヴォーカルをフューチャーしたバラード・アルバム『Love』を発表。翌年には初のメジャー・アルバムとして日本でも発売。スイングジャーナル誌による絶賛と共に、日本国内のジャズファンを魅了した。同年までベルリン・ドイツ音響楽団の主席トランぺッターでもあったがジャズに専念するために退団。00年には歌えるトランぺッターとして比較されては困る、と言いながらも彼が敬愛してやまないチェット・ベイカーの曲に真っ向から勝負したトリビュート・アルバム『チャッティン・ウィズ・トェット』を発表。ドラムン・ベースやファンク・ビートを大胆に取り入れ、ジャズファンだけでなくクラブ・シーンからも熱い指示を得る。近年ではアメリカからも注目され、現在も意欲的な作品作りに取り組んでいる。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング