アーティスト

  

Dwele
ドゥエレ


主なアルバム
サブジェクト(2003) / サム・カインダ・・・(2005)

デトロイト出身。
幼い頃からピアノを習い始め、マーヴィン・ゲイやダニー・ハサウェイといったニュー・ソウル系のアーティストや、マイルス・デイヴィスなどを聴いて育つ。10歳の頃に父親を亡くし、その悲しみを拭うかのように音楽に没頭。98年、彼が初めて作ったデモテープがデトロイトで話題となる。すると同じデトロイト出身である人気ラップ・ユニット「スラム・ヴィレッジ」のJ・ディーらの目に留まりバック・アップを受ける事になる。美しく、切ない中に暖かさを感じさせてくれる歌声と伝統と革新が混ざり合うサウンドが生み出す官能的なグルーヴ。瞬く間に注目を集め、2003年に『Subject』でデビュー。アンプ・フィドラーやケムなど、同じデトロイト出身者だけでなく、ラヒーム・デヴォーンやコモンなど彼の音楽性を通じ交友関係も幅広い。05年にはセカンド・アルバム『Some Kinda...』をリリース。ネオ・ソウル、オーガニック・ソウルと呼ばれるアーティストの中でも独自性が強く、最も注目されているひとりである。


 






 
 
 
 





音楽辞典SOUL
 

音楽辞典SOULアーティストアルバムダイアリーランキング